:: PICK UP NEWS

GOING UNDER GROUNDの松本素生が贈るソロ名義アルバム、完成!
リード楽曲「2030」、「my friend, my love」のプロデューサーに常田真太郎(from スキマスイッチ)を迎え、
ポップなメロディー・センスと歌をフィーチャーしたシンガーソングライター・アルバム。
日本語詞を大切に、作詞・作曲・アレンジにおいて、完全なる常田氏とのコラボが実現。

Youth Records/Factory1994の庄司信也とGOING UNDER GROUND河野丈洋との
共同プロデュース楽曲「2010」、「クロエ」、「バトってハニー」では、
GOING UNDER GROUNDでは歌われないストレートな詩の世界観を、
極端にミニマムで浮遊感のあるサウンドをバックに歌いかける。
書家の俵 越山(たわらえつざん)との即興的コラボ楽曲「Soulblue」も味わい深く印象に残る一曲となっている。
さらにボーナストラックには、THE COLLECTORSとの共演も記憶に新しい、
「悲しい気持ち〜JUST A MAN IN LOVE」カヴァーをフル・ヴァージョンで初収録。

※松本素生の初のソロ作品『素生』発売に際して、お祝いコメントが届いています。
『素生』
2010/3/17 Release
■PCCA-3135 ¥1,890(tax in)
【収録曲】
M-1 my friend ,my love  M-2 クロエ  M-3 バトってハニー
M-4 2010  M-5 2030  M-6 soulblue
[ボーナス・トラック]
M-7 悲しい気持ち〜JUST A MAN IN LOVE
    /松本素生&THE COLLECTORS
★ 「帯クリエイティブディレクター」として「風とロック」箭内道彦氏が参加!